読み書き教室 宝塚リテラ 読み書き教室 宝塚リテラ

読み書き教室 宝塚リテラ

宝塚リテラってどんなところ?

広報係のガルシアがみなさんに宝塚リテラをご紹介します。

はじめまして

はじめまして。
ぼく、広ほう係のガルシアだよ。
ホームページやブログで宝づかリテラについてしょう介するのがぼくのお仕ごとなんだ。

あいさつ

あいさつ

これからぼくが宝づかリテラのしょうかいをするよ。

宝づかリテラってどこにあるの?

宝づかリテラは宝づか市のはんきゅう宝づかえきから歩いて6分くらいのところにあるよ。
近くには、宝らいばしやむこ川、宝づか大げきじょうがあって、とってもけしきのよいところだよ。

どこ

どこ

きょうしつを見せてください

玄関

玄関

どうぞ♡ はいってはいって♪

こんにちは

こちらはうけつけ係のマルセル。
ぼくのおとうとだよ♡
きょうしつに来てくれたお友だちへのごあいさつと、おへやへのごあん内をたん当しているよ。

受付係

受付係

マルセル:「こんにちわん♡」

廊下

廊下

マルセル:「こちらへどうぞ。きょうしつは、つきあたり左のおへやです。」

教室

教室

これがきょうしつだよ♪

机

机

きょうしつは「しょさい」という、本がたくさんあるおへやのなかにあるんだ。
おへやの「なか」というのは、おへや全ぶがきょうしつじゃないっていうことだよ。
パーテーションという、かべのようなものでおへやをくぎって、そこをきょうしつにしているんだ。
ちょっとちっちゃいから走りまわったりはできないよ。
でも、つくえのまえにすわったら何だかおちつくんだ。

よみかきのおケイコってどんなことをするの?

たとえば……

「こんにちは。」

さいきんあったことを先生とおしゃべり

よんできたおはなしのふりかえり

ちょっと休けい

作文(よんできたおはなしについて)

どくしょカードづくり

かりる本をえらぶ

「また来しゅうね。」

……ってかんじだよ。
よんだりかいたり考えたりするんだけれど、べんきょうっていうのとはちょっとちがうかな。

作文できるかなぁ……。

これは100字作文用げんこう用し。
宝づかリテラでいちばんよく使うげんこう用しだよ。

原稿用紙120

原稿用紙120

文を3つかいたらだいたい100字くらいになるんだ。
この原こう用しなら、文しょうをかくのがにが手なお友だちでもだいじょうぶだね。

これはイメージマップ。

イメージマップ

イメージマップ

イメージマップというのは、まん中にテーマをかいて、そのテーマについておもいうかんだことをそのまわりにかいていくものだよ。
かく内ようを考えるときにとっても役に立つよ。

どくしょカードってどんなものなの?

これが宝づかリテラのどくしょカードだよ。
本を一さつよみおわったらどくしょカードを一まいかくよ。
本を一さつよむごとに、カードが一まいずつふえるんだ。
カードのかずだけ、心のなかに《つながり》がふえるんだよ。

ガルシアカード

ガルシアカード

《つながり》っていうのは、なにかを考えるもとになる、とても大じなものなんだ。

カードにはおもてとうらがあるよ。おもてには色をぬったりえをかいたりして、たのしいカードにするよ。

カード

カード

うらにはだい名や作しゃの名まえ、出ぱん社、どのくらいおもしろさかったか、かんそうをかくよ。

カード裏

カード裏

 ページトップにもどる

 宝塚リテラについて にもどる